リンク
DEESバナーsamonji-link1.png
記事検索
 

2012年03月18日

了解!



ストライクウィッチーズのアニメ第1期を観た時、何となく観つつ、最後にはハマっていた。
それを友人達に言った時、
「あ、あのパンツ丸見えのアニメね」
(´・ω・‘)
と言われたのを忘れていません。

それも今は昔。昨日の公開日舞台挨拶を死ぬ気で取ってくれた小石氏とエイト氏、そして同志のNNN氏。
4人でストパン堪能してきました。

ちなみに、毎回ストパンは「どうせこう言う展開なんだろ?」と言う思いを良い意味で裏切りません。
どうせ宮藤○○して、仲間が○○して、皆で爽やかな感じでラスボスに向かって○○するんだろ?
その通りでした。

だけど、このワクワク感。
前作の仲間達が出てくるたびに周りでわき上がる笑い声、高揚感。
結局それが為される理屈はよくわからん。アレでしょ、気合い的な奴でしょ?
2期でも脈絡なく震電出てきたし。でも、新型乗り換えが熱かったからアリ。
最終回でも飛ぶには魔力を使い過ぎたって言いつつも飛んだし。展開が熱かったし爽快だったからアリ。

ただ、最後の最後だけは予想を裏切った。
どうせ、「俺達の戦いはこれからだ!」的に〆て、また3期やるんだろうなと思っていました。
あの最後の字幕だけは予想外でした。
さすが、終わらないコンテンツ。

ネタバレしないように舞台挨拶する福圓さんと内田さんが可愛かった。

その内、ネタバレ満載のレビュー書きたいです。

posted by 佐文字 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。